高価買取になる仏教美術品とは

n135348056_1

仏教美術とは、字の通りに仏教に関連する美術品で、主に「仏像」「仏画」「仏具」の3つに分類されます。
破損や汚れなどがないことや、来歴がはっきりしていること や、素材そのものが黒檀や絹、象牙など貴重なものであること や、造形が美しく美術的価値が高いこと などが高価買取のポイントになる可能性がございます。

仏教美術品の買取品目

仏教美術、密教美術 、仏像 、金銅仏、仏画 、仏教彫刻 、厨子 、数珠 、如意 、宝珠 、経典 、経巻 、経箱

高価買取のポイント

古いほど良い

仏像、香木、仏具は古いものほど価値の付く場合が多いです。古いものほど状態が悪くなる恐れがありますので、大事に保管しましょう。

付属品

付属品は商品の真作を証明するのに必要なものとなってます。また、共箱は商品を最適な状態で保管できるように合わせて作られているものです。 次へ売る際に共箱などの付属品の有無によって金額が変わってくるため、当然買い取る際の査定額に影響します。

保管状態

どんなに良いものでも、シミや汚れが有るものや破損があったりするものは減額査定になってしまいます。 保管には細心の注意が必要といえます。日本の気候は高温多湿な為、シミやカビが発生しやすい環境にあります。適切な湿度管理が大切になります。

仏教美術品ブログ

詳しくはこちら
2019年8月5日 金蒔絵のアンティーク文机、硯箱の買取いたしました とてもあじわい深い、素敵な金蒔絵の古い硯箱を出張買取いたしました...続きを読む
2019年8月5日 ガレ風のフロアランプの買取いたします ガレやドームなどはもちろん、ガレ風の照明器具などもお買取りしております。お気軽にお問い合わせください...続きを読む
2019年8月4日 時代を感じる蕎麦猪口を買取します 蕎麦猪口の出張買取します 神戸市...続きを読む